KAORU NEWS

2014年5月20日
■トークイベント 『数学×思考=ざっくりと ~いかにして問題をとくか』(丸善出版)

『数学×思考=ざっくりと ~いかにして問題をとくか』(丸善出版・本体1,300円)刊行を記念して、トークイベントを開催致します。

5/20 (火) 八重洲ブックセンター本店
5/24 (土) 蔦屋書店代官山店
5/26 (月) 三省堂書店神保町本店
6/3 (火)  ジュンク堂書店池袋本店

2014年5月11日
■トークイベント 『数学×思考=ざっくりと ~いかにして問題をとくか』(丸善出版)

『数学×思考=ざっくりと ~いかにして問題をとくか』(丸善出版・本体1,300円)刊行を記念して、トークイベントを開催致します。

トークイベント参加整理券は上記商品を、代金先払いでご予約の先着30名様に配布致します。
参加整理券ご希望の方はリブロ池袋本店書籍館2階理工書売場レジカウンターにてご予約時に係員にお申し付け下さい。なお、参加整理券はなくなり次第配布を終了致します。
※お電話での参加整理券のご予約を承ります。

日時:5月13日(火) 午後7時~
会場:西武池袋本店別館9階池袋コミュニティ・カレッジ 28番教室
参加整理券発券場所:西武池袋本店書籍館2階リブロ理工書売場
お問合せ・ご予約:リブロ池袋本店 TEL:03-5949-2952

→池袋リブロ

2012年9月28日
■番組出演情報です。

FM Yokohama『FUTURE SCAPE』
9月28日(土)9:00~11:00

→番組情報

2012年5月22日
■イベント情報です。

『心にグッとくる 日本の 古典 2』 (NTT出版、2012年4月下旬刊) 刊行記念
こんなに面白かった! 日本の古典

竹内 薫(サイエンス作家)×黒澤 弘光(古典教育の研究者)

■日時:2012年5月24日(木)19時30分 ~

NHK大河ドラマ「平清盛」のおかげで、あらためて『平家物語』が注目を集めています。
今回は、ドラマ「平清盛」の場面設定について、服は本当にボロボロだったのか、佐藤義清(後の西行)は北面の武士なのになぜ高貴の身分の人の前でしゃべることを許されたのかなど、「平家物語」の真実に迫ります。
『心にグッとくる日本の古典2』に登場する古典ゆかりの人々や、古(いにしえ)の人々の生活、古典の魅力について、お二人の活気あふれる師弟トークをお楽しみください!

◆講師紹介◆
竹内 薫(たけうち・かおる)
サイエンス作家。1945年生まれ。筑波大学付属高校、東京大学理学部物理学科卒業。マギール大学大学院博士課程修了。理学博士(Ph.D)。NHK Eテレ「サイエンスゼロ」コメンテーター、フジテレビ系「たけしのコマ大数学科」解説担当。著書に『宇宙のかけら』『99.9%は仮説』、共著に『心にグッとくる日本の古典』など。

黒澤 弘光(くろさわ・ひろみつ)
古典教育の研究者。1945年生まれ。東京教育大学大学院博士課程修了。国語史専攻。1973年より2008年まで、東京教育大学付属高等学校(現筑波大学付属高等学校)教諭を務める。『現代漢和辞典』編纂のほか、『広辞林』『日本語大辞典』など多くの辞書に執筆。『日本名歌曲百選Ⅰ・Ⅱ』『心にグッとくる日本の古典』などを出版している。

■イベントに関するお問い合わせ、ご予約は下記へお願いいたします。
ジュンク堂書店池袋本店
TEL 03-5956-6111
東京都豊島区南池袋2-15-5

→イベント情報

2012年1月29日
■番組出演情報です。

NHK『サイエンスZERO 「光速を超えた? ニュートリノの謎に迫る」』
2月11日、16日、23日(土)0:00~0:30

→番組情報

2011年9月5日
■番組出演情報です。

NHK『クローズアップ現代』
2011年7月27日(水)

→番組情報

2011年7月24日
■番組出演情報です。

NHK『クローズアップ現代』
2011年7月27日(水)

→番組情報

2011年3月26日
■番組出演情報です。

BSフジ『温暖化対策 どうするポスト京都議定書』
2011年3月26日(土)11:00〜11:55

昨年11月~12月にメキシコで開かれた地球温暖化についての国連の会議『COP16』(第16回国連気候変動枠組み条約締約国会議)は、最終日に「カンクン合意」を採択して閉幕した。将来に向けて一歩前進したという意見もあるが、逆に問題を先送りしたという意見も聞かれる。

世界にとって共通の課題、『地球温暖化』

なぜ議論は紛糾し、世界で取り組むべき具体的な方法を見出せないのか?
京都議定書の期限が2012年に迫るなか、どのような国際ルールを作るのが良いのだろう?
日本政府は2020年までに温室効果ガスを1990年と比べて25%削減する目標を掲げている。

その他に、排出権取引、温暖化対策税、再生可能エネルギーの全量買い取り制度などを導入しようという動きがある。しかし、こうした制度は大きな国民負担につながるのではないかという懸念の声も聞かれる。COPでの国際交渉は国民生活に直結しうる問題。

地球温暖化の進行に歯止めをかけるために、世界の中で日本は何をすべきなのか?

じっくりと考え、議論をする!

■パネリスト
有馬 純 :経済産業省審議官
澤 昭裕 :21世紀政策研究所研究主幹
藤沢 久美:シンクタンク・ソフィアバンク副代表

■司会
竹内 薫 :科学作家
相川 梨絵:アナウンサー


→番組情報

2011年2月25日
■国際宇宙ステーション『きぼう』日本実験棟利用成果ミニシンポジウムにてパネルディスカッションのモデレーターを担当します。

国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟では、2008年8月の実験開始以来、様々な実験が行われており、その成果は私達の暮らしを豊かにしたり、日本の産業競争力を高めることなどが期待されています。
『その「きぼう」では実はどんな実験が行われているのか?』
今回、これらの宇宙実験について分かりやすく内容や成果を報告するミニシンポジウムを開催します。ここでは、行われてきた宇宙実験について直接、研究者の方々から報告をいただき、また、それぞれの分野について、専門家も交えてディスカッションを行います。そして会場の皆様からのご意見やご質問も受けて、宇宙での実験を身近に感じてもらうことを目的としています。
今後、実験の分野や実施状況ごとにまとまったものから順次、ミニシンポジウムを開催していく予定です。今年度中開催の2つの日程についてご案内いたしますので、奮ってご参加ください。


→JAXAサイト

2011年1月12日
■和田中学校の特徴的なカリキュラム《よのなか科NEXT》と『16歳の教科書』のコラボレーションによる特別授業にてゲスト講師をつとめました。

ベストセラー『16歳の教科書』『40歳の教科書』の講師陣が、中学校で公開授業

→モーニング誌サイト

2011年1月12日
■2011年1月14日にNTT出版より『心にグッとくる日本の古典』が発売されますが、NTT出版のページで、2011年1月11日(火)13:00より無料PDF版と音声朗読がダウンロードが出来るようになっています。


心にグッとくる日本の古典 黒澤弘光/竹内薫 著

黒澤弘光/竹内薫 著

発売日:2011.01.14
定価:1,575円
サイズ:四六判
ISBNコード:978-4-7571-4238-1

近日発売
この本の内容
「筑波大附属高の名物、クロサワの古典。」
――野村萬斎氏推薦

「34年前、ボクも黒澤先生からみっちりと古典を仕込まれました。
先生に古典を教わって巣立っていった生徒たちは、みんな、古典が
大好きです。ボクたちだけの秘密だった宝物を、ぜひご覧ください!」
――竹内薫

下記サイトにて、2011年1月11日(火)13:00より、一部立ち読みを開始!

http://www.nttpub.co.jp/pr/pdf_dl_2106/

古典って、こんなにおもしろかったんだ!
筑波大附属高で愛され続けた目からウロコの名物授業が、ついに書籍化。

目次

■伊勢物語
・梓弓
  コラム 「生活の中に溶け込んでいた『うた』」
  原文&現代語訳
・筒井筒
  コラム 「女性のお化粧や身だしなみは?」
  原文&現代語訳

■平家物語
・敦盛最期
  コラム 「戦場で大活躍した、弓と馬」
  原文&現代語訳
・忠度都落
  コラム 「『平家物語』の悪役たち」
  原文&現代語訳

■源氏物語
・桐壷巻
  コラム 「物語に見られる"タブー破り"
  原文&現代語訳

■万葉集 防人歌
・防人歌
  コラム 「防人歌と大伴家持」
  原文&現代語訳

著者紹介

黒澤弘光(くろさわ・ひろみつ)
1945年、群馬県高崎市生まれ。
東京教育大学文学部国語学・国文学科卒業。同大学大学院修士課程・博士課程修了(文学修士)。国語史専攻。1973年、東京教育大学附属高等学校(現筑波大学附属高等学校)教諭となり、2008年、退職。この間、7年間にわたり、筑波大学で「古典教育法」の講師を務め、現在、聖心女子大学、青山学院女子短期大学、文教大学、筑波大学附属高等学校で講師(非常勤)を務める。
『現代漢和辞典』(大修館書店)編纂のほか、『広辞林』(三省堂)、『日本語大辞典』(講談社)など、多くの辞書に執筆。また、日本歌曲の詩の解説書、『日本名歌曲百選――詩の分析と解釈 ?』『 同 ?』(音楽之友社)も出版している。

竹内薫(たけうち・かおる)
1960年、東京都生まれ。
筑波大学附属高等学校、東京大学理学部物理学科卒業。マギール大学大学院博士課程修了。理学博士(Ph.D.)。FMラジオJ-WAVE「JAM THE WORLD」金曜日担当ナビゲーター。フジテレビ系「たけしのコマ大数学科」解説担当。
主な著書に、『宇宙のかけら』(講談社)、『99.9%は仮説』(光文社)、『天才の時間』(NTT出版)などがある。
オフィシャルサイト http://www.kaoru.to/


2010年10月08日
■番組出演情報です。

NHK BS hi『目の愛護デースペシャル 目がよくなるサイエンス』
2010年10月10日(日)BS朝日(13時〜14時)

→番組情報

2010年6月6日
■番組出演情報です。

日テレ『最先端科学でお悩み解決!タカトシなんでも相談室』
2010年6月6日(土)13:30~14:30

MC タカアンドトシ
アシスタント 葉山エレーヌ(日本テレビ)
ゲスト
竹内薫(サイエンスライター)
虎南有香
世界のナベアツ
U字工事

今、この瞬間にも科学者たちは世界を変える最先端研究に命を注ぎ、新しい研究と学説が毎秒ごとに生まれている!この番組は、そんな世界の最新学説から、明日からあなたの人生を変えるかもしれない「使える」研究を紹介!それが本当に使えるのか、おもしろおバカ実験で大検証します!


→「最先端科学でお悩み解決!タカトシなんでも相談室」

2010年3月26日
・独立行政法人科学技術振興機構(JST)が運営する、科学に興味や関心をもつ人に向けたコミュニティ型ウェブサイト『かがくナビ.』の「ブックナビ」コーナーにて「宇宙のかけら」が紹介されました。(評者:中牟田宴子氏。 )

→かがくナビ

2010年3月17日
■イベント情報です。

『シュレディンガーの哲学する猫』(中公文庫)
六本木店文庫週間ランキング2ヶ月連続1位記念
竹内薫×竹内さなみトークイベント 「なぜいまシュレ猫なのか」

■2010年4月7日(水) 19:00~
■会場:青山ブックセンター六本木店 ( 六本木店店舗情報)
■ 入場料:無料   

■ご予約・お問い合わせ電話:
 青山ブックセンター六本木店
  03-3479-0479

■受付時間:
 月~土・祝 10:00 ~ 翌朝5:00
 日 10:00 ~ 22:00
■受付開始日:2009年3月 23日(火)10:00~

<イベント内容>
刊行から1年以上たった今も驚異的な売り上げを記録し、2009年六本木店文庫売り上げ第3位となった『シュレディンガーの哲学する猫』。2010年に入ってもその勢いは止まらず、文庫の週間ランキング2ヶ月連続1位を記録しました。なぜこの書籍が売れているのか、哲学が普段の生活にもたらすものとは何か、著者である竹内薫さんと竹内さなみさんをお招きしてその謎にぐぐっと迫ります。

トーク終了後はお二方のサイン会も予定しています。

店内でのイベントです。ほとんどの方は50~60分のトークをお立ち見となります。ご了承ください。
参加は無料ですが、ご予約を承ります。たくさんの方のご来店をお待ちしています。

<プロフィール>
竹内薫
1960年東京生まれ。猫好き科学作家。東京大学、マギル大学大学院卒業(専攻:科学哲学・物理学)。理学博士。著書に『99.9%猫が好き!』(小学館文庫)『猫はカガクに恋をする?』(藤井かおりとの共著、インデックス・コミュニケーションズ)『コマ大数学科特別集中講座』(ビートたけしとの共著、フジテレビ出版)『99.9%は仮説』(光文社新書)『世界が変わる現代物理学』(ちくま新書)『もしもあなたが猫だったら?』(中公新書)ほか多数。
オフィシャルサイト  http://www.kaoru.to/

竹内さなみ
翻訳・文筆家。青山学院大学文学部卒業。共著に『宮沢賢治の星座ものがたり』(河出書房新社)、訳書にフィオナ・マウンテン『死より蒼く』(講談社文庫)、編訳書にイ・オニ『アメノナカノ青空』、トニー・ブイ脚本『季節の中で』(ともに角川文庫)など。

<書籍紹介>
『シュレディンガーの哲学する猫』

2008年11月に中央公論新社より発売された『シュレディンガーの哲学する猫』(800円・税込)
時空を旅するシュレ猫が案内する最良の哲学入門書。
小説としても楽しめる一冊――紹介される哲学者の順番にもストーリーとの流れが感じられます。

三省堂書店 公式ブログ

2009年8月14日
■掲載情報です

『月刊民放 8月号.』「放送時評」 「文系」「理系」のバランス放送現場。
『日経おとなのOFF 9月号』人生が変わる100冊

2009年7月13日
『R25(7/10-7/16号).』の「「R25的ブックレビュー」に「バカヤロー経済学」の書評が掲載されました。(評者:浅野智哉氏。 )

→R25.JP

2009年7月10日
■番組出演情報です。

テレビ朝日『サタスペ!』
7月11日(土)19:00~

TBSラジオ『GAKU-Shock』
7月12日(日)放送
TBSラジオ 23:30~
ABCラジオ 22:00~

81.3 FM J-WAVE『ANA WORLD AIR CURRENT』(ナビゲーター:葉加瀬太郎氏)
7月18日(土)19:00~19:54

→「サタスペ!」
→「GAKU-Shock」
→「ANA WORLD AIR CURRENT」


2009年6月2日
朝日ニュースター(CS放送)のニュース番組「ニュースの深層」(初回放送 月曜~金曜 夜8:00~8:55)に出演します。出演日は6月3日(水)です。

→朝日ニュースター「ニュースの深層」

2009年6月1日
『朝日新聞(5月31日号).』「バカヤロー経済学」の書評が掲載されました。(評者:ジャーナリスト清野由美氏)

2009年4月23日
■イベント情報です。

晋遊舎刊 『バカヤロー経済学』 発売記念
竹内薫 トークショー&サイン会

三省堂書店 公式ブログ

日時:2009年5月16日(土)

 14:30 開場
 15:00 開演

場所:三省堂書店神保町本店8F 特設会場

お申し込み方法:只今1Fレジカウンターにおきまして 5月13日発売予定の晋遊舎新書 『バカヤロー経済学』 竹内薫著 をご予約いただきましたお客様、先着100名に 参加整理券を配布いたします。尚、お電話でのご予約も承っておりますので、下記までご連絡下さい。

 お問い合わせ:三省堂書店 神保町本店 1F

 TEL 03-3233-3312(代表) 
 営業時間10:00-20:00

2009年4月23日
『サンデー毎日.』「奇跡の脳」の書評が掲載されました。(評者:緑慎也氏)

『週刊文春(4月23日号)「私の読書日記」(立花隆氏).』にて「奇跡の脳」が紹介されました。

『東京ウォーカー.』『J-CASTニュース』「ねこ耳少女の量子論」が紹介されました。

『日立評論・フロントライン』にて長谷川眞理子さんとの対談がアップロードされました。

2009年4月7日
『TVBros.』4月4日号「理系バカと文系バカ」についてのインタビューが掲載されました。

『日本経済新聞(4月5日)』にて「奇跡の脳」の書評が掲載されました。

→TVBros
→日本経済新聞社

2009年4月2日
『週刊朝日4月10日号(142ページ「週刊図書館」)』にて「奇跡の脳」の書評が掲載されました。(評者 高橋源一郎氏)

→週刊朝日

2009年3月19日
JAXAの「SPACE REVIEW MAGAZINE」で「宇宙のかけら」が取り上げられました。

→JAXA SPACE REVIEW MAGAZINE

2009年3月5日
イベント情報です。

第127回 新宿セミナー @ Kinokuniya
『知的思考力の本質』刊行記念講演会

  鈴木光司×竹内 薫

自爆する思考 知的思考力をどう養うか

■日時 3月9日(月) 19:00開演(18:30開場)
■会場 新宿・紀伊國屋ホール(新宿本店4F)
■出演 鈴木光司 竹内 薫
■料金 1,000円(全席指定・税込)
■前売取扱 2月11日(水・祝)より
キノチケットカウンター(新宿本店5F/受付時間10:00~18:30)
■電話予約 新宿・紀伊國屋ホール 03-3354-0141(受付時間 10:00~18:30)
■主催 紀伊國屋書店
■協力 ソフトバンク

第3、4期DVD発売記念イベント「たけしのコマ大数学科」“新学期直前!特別春期講習”

【イベント概要】
日 程 : 3/22(日)
時 間 : 14:00 開校 (開場13:30 )
※始めにDVD発売「記者会見」がございます。
場 所 : フジテレビ内 1Fマルチシアター(東京都港区台場2-4-8)
募集人数 : 100名(50組)
募集期間 : 3/13(金)まで
ゲスト : ダンカン、〆さばアタル、無法松、ガンビーノ小林
/ 木村美紀、ポヌ / 竹内 薫
司 会 : 戸部洋子(フジテレビアナウンサー)

◆プログラム ※時間や内容は、当日予告なしに変更する場合もございます。
14:00 たけしのコマ大数学科 DVD-BOX 第4期 発売記念記者会見
14:30 開校!!
・番組放送用 問題収録
・“コマ大メンバーサイン入りグッズ”争奪 数学大会
・特別授業 竹内薫先生
15:30 終了。 参加者全員に、特別授業受講修了証 授与

◆持参するもの “新学期直前!特別授業”受講票/筆記用具

2009年1月25日
新刊情報です。

「透明人間の科学」宝島新書 2月刊
「ねこ耳少女の量子論」PHP 竹内 薫+藤井 かおり イラスト:松野 時緒 2月刊
「理系バカ・文系バカ」(仮題)PHP新書 嵯峨野功一+竹内薫 3月刊予定
「科学のススメ」(仮題)ソフトバンク新書 鈴木光司+竹内薫 3月刊予定
「知的表現の技術」実務教育出版 3月刊予定

2008年10月2日
「奇蹟の母子犬」のフラッシュムービーに、藤井かおりがナレーションをつけました。アニマルポリスのkanakoさんから全編のDVDを手に入れることができます。

→ナレーションつき 奇跡の母子犬

2008年10月2日
『日立評論 FRONTLINE』に静岡文化芸術大学学長の川勝平太先生との対談が掲載されました。

→日立評論 FRONTLINE

2008年10月2日
『読売ウィークリー 08年9月28日号「天才の時間」の書評が掲載されました。(評者 書籍エディター 森山尚氏)

→読売ウィークリー 08年9月28日号

2008年8月9日
『ASCII.JP』「非公認 Google入社試験」に関するインタビュー記事が掲載されました。

→ASCII.JP グーグルの入社試験に挑戦だ!(文:西川仁朗氏)

2008年8月9日
『JAXA SPACE REVIEW MAGAZINE』「宇宙の向こう側」の書評が掲載されました。

→SPACE REVIEW MAGAZINE レビュー隊2nd

2008年8月5日
プレゼントクイズです。 ※終了しました。ご応募ありがとうございました。

「天才の時間」の表紙には、本文と深く関係する、ある秘密が隠さ れています。その秘密をメールで送ってください。正解者の中から先着10名様に図書カード千円券をプレゼント! どしどし、ご応募ください。(ヒント:浮き出る人名ではありません!)

メールの宛先:kaoru■kaoru.to ※お手数ですが、■を@に変えてお送りください。

2008年7月6日
大阪ABC(朝日放送)の情報番組「ムーブ!」(月~金 午後3:49~)に出演します。出演日は7月7日(月)です。

→ABC朝日放送「ムーブ!」

2008年7月6日
新連載情報です。

『文藝春秋「諸君!」8月号』から『サイエンティスト異能列伝』

 第一回「皮膚は脳である=傳田光洋」

・リクルート
『R25 7月10日号』から隔週『3分で世の中を読み解く!25歳の理科学ドリル』

 第一回「 星の運命はサイズで決まる?」

2008年6月25日
「たけしのコマ大数学科(フジテレビ系)」の特別イベント『たけしのコマ大数学科 特別夏期講習』が開催されます。

お台場冒険王 数学対決イベント開催
『たけしのコマ大数学科 特別夏期講習』

来場者全員に問題を出し、正解者上位3名は第二ステージへ。第二問は、東大生チーム・コマ大チームと共に数学対決!!優勝者には、素敵な記念品が贈られます!受講者全員にも受講修了証プレゼント!ほか、竹内薫先生、木村美紀先生による「特別授業」もあり。

★イベント詳細・参加方法:

日時:2008年7月20日(日) 16時より(15時半開場)
場所:お台場冒険王会場、フジテレビ本社ビル1F マルチシアター
募集人数:100名(50組)
募集期間:7/7(月)まで
持参するもの 筆記用具/夏期講習受講票

出演:ダンカン、〆さばアタル、木村美紀、松江由紀子、竹内薫
司 会:戸部洋子

→フジテレビ「たけしのコマ大数学科」

2008年6月1日
大阪ABC(朝日放送)の情報番組「ムーブ!」(月~金 午後3:49~)に出演します。出演日は6月2日(月)です。

→ABC朝日放送「ムーブ!」

2008年5月24日
NHKの環境特別番組「SAVE THE FUTURE」(NHK総合)内の科学者ライブ「温暖化・あなたのギモンに答えます」に出演します。

SAVE THE FUTURE 科学者ライブ「温暖化・あなたのギモンに答えます」
放送予定
第1部 6月7日(土)午後1:50~午後3:00
第2部 6月7日(土)午後3:30~午後5:00

会場:東京・渋谷、NHK放送センター内 ふれあいホール
入場:自由(無料)。ただし満員の場合は入場をお断りする場合があります。

[番組内容]

「地球温暖化でこれからどうなるの?」
「気温がちょっとあがるのがそんなに大変?」
毎日、TVや新聞で目にする「地球温暖化」。でも、ホントのところはいろいろな疑問がいっぱい・・・・実はこの問題、毎年どんどん新たな研究結果がでてくる一方、まだわかっていないこともたくさんあるんです。

そこで、今回は、温暖化研究の第一線の科学者がステージに登場。世界の最新研究を取材したVTRをまじえながら、視聴者の皆様から寄せられた疑問に生で回答。普段の報道ではなかなか出せない温暖化科学の「ウラ」話を含め、徹底的にお伝えします。
あなたの温暖化知識をぐ~んとUPさせる、ライブ科学エンターテイメントです。

[出演]
いとうせいこう(司会)
黒崎めぐみアナウンサー
ペナルティ

[その他の出演]
藤井理行(国立極地研究所所長)
江守正多(国立環境研究所リスク評価研究室長)
沖 大幹(東大生産技術研究所教授)
三村信男(茨城大教授)
山中康裕(北大准教授)
竹内薫(科学ジャーナリスト)

→NHK環境特別番組 SAVE THE FUTURE

2008年5月1日
『読売新聞夕刊(東京・大阪など)』の「ペットらいふ」面(毎週木曜付)「交遊録」欄にて5回連続でエッセイを連載します。

掲載日は、5月1日、8日、15日、22日、29日です。

2008年4月23日
竹内薫がナビゲートするFMラジオJ-WAVE「JAM THE WORLD」 (81.3FM)、4月25日(金)のゲストはベストセラー「夢をかなえるゾウ」の著者、水野敬也さんです。

幸せになる方法を伺います。お聞き逃しなく!

→JAM THE WORLD

2008年4月14日
竹内薫がナビゲートするFMラジオJ-WAVE「JAM THE WORLD」 (81.3FM)、4月18日(金)のゲストはご存じ養老孟司先生です。丸秘トークが満載。お聞き逃しなく!

→JAM THE WORLD

2008年4月3日
TV番組「たけしのコマ大学数学科」が『たけしのコマ大数学科 DVD-BOX』としてDVD化されます。特典映像として竹内薫、中村亨先生の、放送されなかった問題解説「特別補習授業」が収録されています。2008年4月16日発売予定です。


⇒『たけしのコマ大数学科 DVD-BOX 第1期』

2008年3月25日
『トンデモ仮説の世界』『SPA!3月25日号』「ブック&コミック」で 紹介されました。

『よみうりペット 67号』(※読売新聞の購読者に無料配布している冊子です)の「WITH PETインタヴュー」欄に竹内薫が登場しました。

2008年3月13日
(有)猫新聞社発行の『月刊ねこ新聞3月号』エッセイ「猫とカガクのただならぬ関係」を寄稿しました。

⇒『月刊ねこ新聞』


2008年2月24日
リクルートの特別別冊『理系R25(2月25日配布)』にて「文科系のための科学力検定」を執筆しました。

⇒『理系R25』


2008年2月22日
テレビ朝日(関東ローカル)の情報番組『サタデースクランブル』に出演します。放映は2月23日(土)の9:29~10:55です。

2008年2月12日
リクルート『R25(アールニジュウゴ)』Web版の「Link × Review リンクレビュー」にて、記事「ブラックホールの先は別の宇宙!?パラレルワールドって何?」が掲載されました。(取材を受けました)

⇒『R25.JP』


2008年2月12日
『猫の手帖3月号』の「ニャミリー訪問」に登場しました。タイトルは「竹内薫さんと虎太郎、ナナ、ニャー君の巻 猫と科学の深い関係!宇宙と繋がる猫の生命」です。

→猫の手帖

2008年2月7日
『したたかな生命』が各紙の書評欄に紹介されました。

『Invtation 月刊版 (ぴあ2007/12/21発売)』 
評者: 武田徹氏
『日経ビジネスアソシエ2008年2月5日号』
 評者: 小林佳代氏
『信濃毎日新聞1月6日号』
 評者:中野不二男氏(ノンフィクション作家)
『讀売新聞2月3日朝刊』 評者: 米本昌平氏(科学史家)
『日経サイエンス2008年2月号』

2008年1月4日
ラジオ第1放送『ラジオほっとタイム』に生出演します。テーマは「科学ってなんだろう?」です。放送は1月9日(水)午後5時5分~です。

1/9(WED)「科学ってなんだろう?」

○ 科学的に考えるために必要なことは何ですか。
○ 科学や科学者にはどんなイメージをもっていますか。
○ 自分なりに仮説をたてて自然を観察したことがありますか。
○ 実験や観察する意味はどこにあるでしょうか。
○ 科学を発展させてきた原動力は何でしょうか。

→ラジオほっとタイム

2007年12月26日
『讀売新聞12月20日号夕刊』の「ペットらいふ」欄にて『99.9%猫が好き!』が「抱腹絶倒の日々」と題して紹介されました。

2007年12月17日
日本テレビの情報バラエティ『ラジかるッ』に出演します。放映は12月18日(火)9:55~です。

→ラジかるッ

2007年12月8日
『週刊SPA! 12月18号』扶桑社 12月11日発売)の[エッジな人々]にて、ビートたけし氏と竹内薫の対談が掲載されます。

2007年11月30日
『現代思想2007年12月号』(青土社)にて、横山順一氏との対談「量子宇宙の最前線」が掲載されています。


量子力学の最前線
情報・脳・宇宙

定価1,300 円(本体1,238 円)
ISBN978-4-7917-1173-4

→青土社「現代思想2007年12月号」

2007年11月30日
新刊情報です。

『ゼロから学ぶ超ひも理論』(講談社サイエンティフィク)
竹内薫:著

2007年12月7日 発売予定

『もしもあなたが猫だったら?』(中公新書)
竹内薫:著

2007年12月20日 発売予定


2007年11月20日
・「16歳の教科書」が「全国学校図書館協議会選定図書」に選定されました。

2007年11月19日
竹内薫が解説を担当するフジテレビ『たけしのコマネチ大学数学科』が第35回国際エミー賞にノミネートされました。

2007年11月17日
フジテレビの小倉智昭氏がメインキャスターを努める情報番組『ハッケン!!』に出演します。放映は11月17日(土)9:55~11:40です。

→ハッケン!!

2007年11月6日
・情報誌『スミセイ ベストブック2007年12月号』(住友生命刊)にて、「闘う物理学者!」が取り上げられました。

・測量界で活躍する人のための専門誌 月刊『測量 2007年11月号』の書評(サーベイ・ライブラリー) に「仮説力」が取り上げられました。(評者:瀬戸島政博)


→月刊「測量」

2007年10月5日
フジテレビのバラエティ『平成教育委員会2007・学問&スポーツ&芸術 秋まっ盛りスペシャル』に出演します。放映は10月14日(日)19:00~20:54です。

→平成教育委員会2007

2007年9月23日
産業経済新聞社『夕刊フジ 9月15日号』の7面「アイウィッシュ」(I Wish)に藤井かおりのインタビュー記事が掲載されました。見出しは「アウトサイダー人生を救う、文章・言葉で気持ちのスイッチON・OFF、五感をとぎすまし、バランスを」です。

2007年9月20日
プレジデント社『プレジデント ファミリー11月号』のインタビュー記事「新刊紹介 著者からの手紙  激闘!これぞリアルな物理学」で「闘う物理学者!」が採り上げられました。

→プレジデントファミリー

2007年9月4日
アスキー『アスキー・ドットPC 10月号』のインタビュー記事「デジタル履歴書」に竹内薫が登場しました。主にMacについて話しました。

アスキー・ドットPC 10月号
判型:A4変
雑誌コード:01441-10
発売:8月24日
特別定価:680円 (税込)

→アスキー・ドットPC

2007年6月30日
『朝日新聞6月29日(夕刊)の「ブックタイムス」』にて、「猫はカガクに恋をする?」が紹介されました。記事のタイトルは「時空を超えて恋と科学が錯綜する」です。

2007年6月16日
新刊情報です。

インドの算数1 バイリンガル完全版 インド学校公式教科書
K.アラメル:著 田口 俊: 訳 千葉 敏生:訳 竹内 薫:監修

入学希望者、殺到!日本のインド学校で使われています。IT国家・インド躍進のヒミツは算数にあり!インドの5歳はここまでデキる!この1冊で算数も英語も―これがホンモノ!日英バイリンガル完全版

創美社
2007年06月26日発売 1,470円(税込)
ISBN:978-4-420-31018-5



ブルーバックス はじめての数式処理ソフト CD-ROM付
竹内 薫:著

[理系学生なら、絶対必要! 必ず役立つ!]
科学ライター竹内氏が初心者に向けて、数式処理ソフトの使い方と使いこなしのテクニックを楽しく解説します。30万~40万円もする高価な市販ソフトとほぼ同等のソフトMaximaが付属しています。

講談社
2007年07月20日発売 1,260円(税込)

闘う物理学者!天才たちの華麗なる喧嘩
竹内 薫:著

現代物理学が発展してきた中で起こってきた物理学者の議論、葛藤、苦悩をユーモラス、かつジャーナリスティックに描く科学読み物。旧くはガリレオv.s.ローマ教会から、Mキュリーv.s.性差別、ホーキングv.s.ペンローズ、までいくつかの話題を取り上げていく。

日本実業出版社
2007年07月発売 1,470円(税込)
ISBN:978-4-534-04265-1


2007年6月16日
『産経新聞2007年6月16日号』より、土曜版に4回に渡って「科学・時事放談」というタイトルで科学エッセイを連載します。

2007年6月11日
ネイチャー・アジア・パシフィック『natureDIGEST6月号 NPGネイチャー・アジア・パシフィック設立20周年記念特別号』にて『この20年の科学、その偉大なる発展を振り返る Part 1 — 物理科学分野』を執筆しました。(なお、Part 2 — 生物科学分野は水谷治央氏です)

→natureDIGEST

2007年6月4日
生協の役職員向け情報誌月刊『CO・OP NAVI 6月号』の特集『発想豊かな仕事人になろう』に竹内薫が登場しました。

2007年5月29日
光文社『BRIO2007年6月号』の特集 旬の21人の「遊びと品格」に竹内薫が登場しました。記事は「心を磨くひとりの時間を大事にしたい ~神田の古書店を訪ねて文字に癒やされる」です。

→BRIO2007年6月号

2007年5月26日
リクルート社『月刊アントレ2007年7月号』の編集長インタビューに竹内薫が登場します。

→月刊アントレ

2007年5月23日
新刊情報です。

ドラゴン桜公式副読本『16歳の教科書~なぜ学び、なにを学ぶのか~』(講談社)
7人の特別講義プロジェクト 著

2007年06月22日 発売予定

予定価格 819円(税込) ISBN:978-4-06-214095-9

 複数人による共著本です。

2007年5月23日
フジテレビ『プレミアA』にて、toto BIGの確率の「からくり」について解説しました。

2007年5月9日
中央公論6月号『学び直す人のために教養案内 文系のための科学入門30冊』を寄稿しました。

→中央公論新社

2007年4月15日
リクルート社Tech総研『技術に携わる人へ~元エンジニア作家推薦の小説20冊』にて「日本語の美しさとリズムを教える小説」を紹介しています。

→Tech総研『技術に携わる人へ~元エンジニア作家推薦の小説20冊』

2007年4月6日
FMラジオJ-WAVE(周波数81.3MHz)の、ニュース・報道を中心としたラジオ番組「JAM THE WORLD」にて、金曜日のナビゲーターを担当することになりました。番組内では、小林まどかさんがレポーターを務めます。

→J-WAVE
→JAM THE WORLD

2007年3月15日
『第2日本テレビ報道部』内のNEWS ZEROページにて、動画ブログ『ネコ好きカガク作家のウラ話』の配信が始まりました。鈴江キャスターと一緒に、番組では語り尽くせなかった科学の話題を紹介してゆきます。

→NEWS ZERO 第2日本テレビ報道部

2007年3月7日
竹内薫 新刊情報です。

「サイエンス夜話 不思議な科学の世界を語り明かす」(ソフトバンク新書)
 竹内薫+原田章夫

 2007年5月15日発売予定

2007年3月7日
『YOMIURI ONLINE 読売新聞の「本よみうり堂 本屋さんへ行こう!』にて、鈴木光司氏に「仮説力」を取り上げて頂きました。

→記事

2006年12月11日
フジテレビ『たけしのコマネチ大学数学科 正月特番』が2007年1月4日放映予定です。数学オリンピックのチャンピオンが
道場破りに挑戦します!

2006年12月11日
日本テレビ『NEWS ZERO 特番』が2006年12月28日(木)放映予定です。

2006年11月08日
『「読売ウィークリー」11月12日号』の「不思議図書館 著者からのメッセージ」で「頭がよみがえる算数練習帳」が著者インタビューとともに採り上げられました。

2006年11月08日
『東京新聞10月25日(夕刊)の「遊々ライフ ペット大好き」』に愛猫のコタロウ、ナナとともに夫妻で登場しました。

→記事

2006年11月08日
『諸君!12月号』に「今こそ科学教育の復興(ルネサンス)が必要だ」を寄稿しました。

2006年10月09日
『三菱電機のサイエンスサイト「DSPACE」』内の特別コンテンツ『どうなる?「冥王星」』に、コラム「ホルストもホッとため息」を執筆しました。

→三菱電機サイエンスサイト「DSPACE」

2006年10月05日
『テレビ朝日「やぐちひとり」』(10月10日火曜日25:21~25:51放送予定)に出演します。タイムマシンについて解説します。

→やぐちひとり

2006年10月04日
『讀売新聞夕刊(2006年9月30日付)「よみうり寸評」』にて「頭がよみがえる算数練習帳」が取り上げられました。

2006年09月26日
日本テレビ(NNN)で10月2日よりスタートするニュース番組「NEWS ZERO」に火曜日担当のキャスターとして出演します。

→NEWS ZERO

2006年09月11日
・9月12日(火)FM東京「Evening File」(パーソナリティ:永田実 放送時間18:00~18:30)に出演します。

2006年08月21日
「99.9%は仮説」のハングル語版が発売されます。

2006年08月07日
NHKサービスセンターよりiTunes版オーディオブック「99・9%は仮説」が発売されました。(価格:900円)

iTunesよりiTunes Music Storeにアクセスして、『99.9%は仮説』または『竹内薫』で検索してください。プロローグとエピローグは竹内薫が朗読しています。

2006年07月29日
ダイヤモンド社『ダイヤモンド・ビジョナリー 9月号』にて「99・9%は仮説」の著者コメントが掲載されました。(「真理」は数学の世界にしか存在しない。臨機応変な仮説思考こそが大事!)

→リンク

2006年07月19日
『毎日新聞7月21日(金)夕刊』「99・9%は仮説」のインタビューが掲載されます。写真は羽田空港近辺で撮影しました。

2006年07月03日
青土社『現代思想 2006年7月号(特集:幾何学の思考)』にて「超ひも理論の幾何学」を執筆しました。

→リンク

2006年06月28日
日経BP社の特集サイト『bpspecial ITマネジメント』にてインタビュー記事「思い込みや常識から解放されるための仮説思考とは」が掲載されています。

→リンク

2006年06月24日
『日経ビジネス6月19日号』「脳をめぐる冒険」が「話題の本」として紹介されました。

NHKサービスセンターより発売のiTunes版「99・9%は仮説」(※発売日はまだ未定です)のプロローグとエピローグを竹内薫が朗読しました。

2006年06月11日
『「地図が好き」マガジン 月刊「地図中心」6月号』にて「99.9%は仮説」が取り上げられました。
(評者:小白井亮一氏)


『日経新聞6月4日書評欄』に「脳をめぐる冒険」が掲載されました。

2006年06月02日
『東京新聞5月25日号 今週の本棚』および『朝日中学生ウィークリー5月28日号 ブックパラダイス本屋さんのおすすめ(ブックファースト渋谷店 船本茂氏・評)』にて「脳をめぐる冒険」が取り上げられました。

2006年06月02日
6月5日(月)発売の『週刊現代 6月17日号』にて、竹内薫のインタビュー『「ルビンの壺」「ペンローズの三角形」を知ってますか?ベストセラー『99・9%は仮説』の著者 竹内薫「理数脳トレーニングが柔らか頭をつくる』が掲載されます。

2006年06月02日
6月10日(土)放送のJ-WAVE『高城剛のNISSAN CANDY BANDY』(18:00-18:54)にて高城剛氏と竹内薫が対談いたします。


番組名:J-WAVE Nissan Candy Bandy
ナビゲーター:高城剛
放送:毎週土曜日18:00-18:54
コーナー名:BANDY TALK

ひとつの名言を元に、そのコトバの真意をよりディープな見地で彫って いくコーナー。そのシーン・カルチャーに関連する「専門家的ゲスト」 を迎えて精神性などをより深く伝えていきます。

http://www.j-wave.co.jp/original/candybandy/

2006年05月18日
5月22日(月)放送の文化放送「吉田照美のやる気MANMAN」の「午後2時の興味津々」(午後2時20分から40分)に出演します。「99.9%は仮説」について話をする予定です。

『99.9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方』竹内 薫さん
なぜ飛行機が飛ぶのか・・・、なぜ地震が起こるのか・・・、なぜ麻酔が効くのか・・・「そんなの当たり前じゃん!!!」とお思いかと思います。日常生活には、思い込み、常識、固定観念だらけです。先入観をとっぱらって、頭をやわらかくしましょう。

http://www.joqr.co.jp/yaruman/index.html

2006年05月13日
『プレイボーイ5月22日号「名倉潤の勝手に読みツッコミ!! 」』に「99.9%は仮説」が取り上げられました。

2006年04月20日
第47回科学技術週間「サイエンスラウンジ」第2回(4月22日)にて茂木健一郎氏と『科学は仮想か!?』とのタイトルでトークショーを行います。 

2006年4月22日(土)15:00(開場)15:30(開演)

科学=真実・真理と思っていませんか。実際には、科学の大半は仮説であり、さまざまな仮想が飛び交うゲームにも通じるところがあります。気鋭の論者2人の丁々発止のやりとりが新たな科学観を開きます。

場所:丸ビル1階カフェイーズ※各日 限定40名様
申し込み:午前10時より整理券を配布。
入場料:500円

http://stw.mext.go.jp/20060414/lounge.pdf

2006年04月20日
『新潮45 5月号』および『公明新聞 4月17日号』にて「99.9%は仮説」が取り上げられました。

2006年04月13日
フジテレビの深夜番組『たけしのコマネチ大学数学科』(4月13日から毎週木曜深夜1時15分~1時45分放送 ※初回放送は15分遅れの1時30分~2時)に出演します。(解説担当)

http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2006/06-116.html

2006年03月28日
『大人の科学マガジン Vol.11 』(学習研究社:(2006年3月27日発売)に「リンゴも月も落ちている!」を執筆しました。

http://shop.gakken.co.jp/otonanokagaku/magazine/

2006年03月26日
『2006年03月26日朝日新聞 読書面 ベストセラー快読』にて「99.9%は仮説」が取り上げられました。

2005年11月25日
『週刊SPA! 11月22号』扶桑社)の特集「「私が遭遇したとんでもない<偶然>」に竹内薫の談話記事が掲載されました。

2005年10月7日
『第42回「原子力の日」記念シンポジウム シュネーブ国際会議から50年 わが国の原子力平和利用は』にパネリストとして参加致します。

http://www.jaero.or.jp/data/news/event/sympo/2005/

日時 平成17年11月7日(月)
会場 東京・有楽町朝日ホール
主催 財団法人 日本原子力文化振興財団

<基調講演>
(財)世界平和研究所会長 中曽根康弘氏

<パネリスト>
読売新聞社論説委員 井川陽次郎氏
京都大学原子炉実験所教授 山名 元氏
タレント 眞鍋かをり氏
サイエンスライター 竹内薫

<コーディネーター>
キャスター、エッセイスト 福島敦子氏
2005年10月7日
『月刊観光 平成17年10月号(通巻468号)』(日本観光協会発行)の特集「古代ロマン・歴史ミステリー」にて『平家の蝶』を執筆しました。

観光 10月号 『月刊観光 平成17年10月号(通巻468号)』
日本観光協会
2005年7月14日
『大人の科学マガジン08号』にて「世界の科学者が大まじめに考える タイムマシンの作り方」を執筆しました。

大人の科学マガジン08号 『大人の科学マガジン08号』
6月30日発売
学研

2005年5月28日
『婦人公論 6/7号』の76ページ「BOOK 私の書いた本」にて、竹内薫へのインタビューとともに「夜の物理学」が紹介されています。


2005年2月15日
竹内薫 執筆予定です。

「ホーキングの虚宇宙」
 講談社ブルーバックス
「アバウト・アインシュタイン」
 秀和システム
「ループ量子重力入門」
 工学社
「物質とは何か」
 NHK出版
「あらすじで読む 科学名著」
 学研
「頭がよみがえる算数練習帳」
 ちくま新書


2005年2月13日
竹内薫 書籍刊行予定です。

「図解入門 よくわかる最新宇宙論の基本と仕組み」
 秀和システム 3月刊予定
「夜の物理学」
 インデックス・コミュニケーションズ 3月刊予定
「『ファインマン物理学』を読む 力学と熱力学を中心として」
 講談社サイエンティフィク 4月刊予定

夜の物理学 『夜の物理学』
3月刊行予定
インデックス・コミュニケーションズ

2005年1月20日
フリーマガジン『R25(アールニジュウゴ)』(2005 01.20 No.28)内の「R25的ブックレビュー」にて『心の中で「へぇー」ボタンを連打してしまうビジュアル式数学入門』として「数学嫌いが治る本」が紹介されました。

⇒『R25.JP』


数学嫌いが治る本 『数学嫌いが治る本』
定価(税込):1,575円 ISBN:4-7573-0267-3
インデックス・コミュニケーションズ

2005年1月19日
『BOOKアサヒコム』( http://book.asahi.com/)「ニュースの本棚」の記事「モノコト論──物理の年の事始め」にて『モノコト論の極めつけ』として「世界が変わる現代物理学」が紹介されました。

⇒『BOOKアサヒコム』


世界が変わる現代物理学 『世界が変わる現代物理学』
定価(税込):756円 ISBN:4-480-06193-2
筑摩書房

<過去のニュース2001~2004年> 

BACK